自由で稼げるITフリーランスになる方法

年収300万以下で残業平均月50時間以上の元社畜プログラマーがフリーランスに転身。フリーランスに転身後は社員時代の2倍以上の年収を稼げるようになった。実際に自身が体験したリアル体験談を元に自由で稼げるITエンジニアフリーランスになれるよう役立つ情報を配信。

ITエンジニアのフリーランスにおすすめする優良エージェント3選

ITエンジニアのフリーランスにおすすめするエージェント3選をご紹介します。
 
その前にエージェントの意味やメリット・デメリットをまずは知りたい方はこちらの記事からお読みください。
各エージェントで大きな異なった特徴やサービスはあまりありませんが、それでも各エージェントが強みとしている特色はありますので、自分にどういったサービスが必要かを考え、最適なエージェントを選ぶことが重要になります。
 
例えばですが、エージェント選びで特に重要視する点としてマージン率が挙げられると思います。
マージン率を公開しているエージェントと非公開のエージェントがありますが、平均10%~30%程度と言われています。
 
特にフリーランスなりたてで自己評価が低いエンジニアがエージェントに単価の金額をお任せしてしまうと、なるべく利益を確保しようとマージン率をぐんと跳ね上げるエージェントも中にはあります。
 
仮に月単価60万の人がマージン率が異なるエージェントAとBに登録したとして、
エージェントA マージン10%
エージェントB マージン30%
月々20%のマージン分12万円が自分の手元に入るかどうかが決まります。年間にすると12万×12ケ月=144 万円/年もの大きな差が生じます。
 
これは極端な例ですが、各エージェントの詳しいマージン率は把握していなくても、こういったピンハネされる可能性があることを知っておくのは大切ですし、中にはそういったエージェントもあるので、エージェント選びはとても重要です。
 
これからご紹介するエージェントはピンハネするようなエージェントではないので、ご安心ください。
フリーランス仲間に聞いた評判の良いエージェントも含まれますが、実際に使用したエージェントもあります。
それでは各エージェントの特色を含め、オススメなエージェントを紹介したいと思います。

1. ギークスジョブ(geechs job)

f:id:n120ao:20190115133646j:plain

ギークスジョブのポイント
  1. 15年以上のある実績があり、3000社の企業と取引を行なっている
  2. Web・スマホアプリの開発案件に強みを持つ
  3. コンサルタント、営業担当、サポート担当の専任体制でエンジニアを万全なサポート
おすすめなエージェントの1つ目がギークスジョブです。
ギークスジョブは15年以上の実績があり、豊富な案件数と手厚いサポート体制が特徴になります。3000社の企業と取引を行なっているので、業界別・スキル別に様々な案件を保有し、特にWeb・スマホアプリの開発案件に強みを持っています。
このフリーランスエージェントの業界で15年以上の実績があるのは他にないというくらい老舗中の老舗になります。
 
さすが15年以上の実績があるエージェントならではの手厚いサポート体制が特徴になっており、フリーランスの実現したい働き方や希望などをヒアリングし、今後のキャリア含めアドバイスしてくれるコンサルタント、案件受注に向け営業を行う営業担当、案件参画後にサポートしてくれるサポート担当の3名による万全な専任体制になっています。専任体制となっているためスピーディーな案件受注を可能にします。

ギークスジョブに登録

2. レバテックフリーランス

f:id:n120ao:20190115162929p:plain

レバテックフリーランスのポイント
  1. 高単価、保有案件数ともに業界最大
  2. 報酬の支払いが業界最短の15日サイト
  3. コンサルタント、営業担当、サポート担当の専任体制でエンジニアを万全なサポート
2つ目におすすめなのが言わずと知れた認知度が高いレバテックフリーランスです。
とにかくレバテックフリーランスは単価の金額、保有案件数共に業界最大で有名です。
有名企業からニッチな技術など幅広い案件を保有しており、その数なんと1,100件になります。また単価の金額に関しては公開平均年収が862万円と業界断トツで高報酬になっています。
 
また報酬の支払いが業界で最短の月末締め翌月15日払いの15日サイトをとっているのも魅力の一つです。他のエージェントですと25日サイトや45日サイトも少なくありません。

3. PE-BANK

f:id:n120ao:20190115163206j:plain

3つ目はPE-BANKになります。
PE-BANKのポイント
  • マージンが報酬額の8~12%と低マージン
  • 福利厚生を受けれるPE-BANK独自の共済会制度

1番注目すべき特徴はマージン率を明示し低いマージンで明瞭な運用という点です。冒マージン率を公開していないエージェントの方が多い中、公開していることはとても安心かつ信頼できるエンジニアサイドに沿ったエージェントです。最初は12%で利用期間が長いほどマージンが下がり、合計2年以上稼働すると8%になる仕組み。12%でもこの業界だと底マージンだと思います。

2つ目の特徴はPE-BANK独自の共済会制度です。

本来フリーランスには存在しない福利厚生ですが、PE-BANKを使用すれば独自の共済会制度を利用することができます。例えば、入院費額手当やがん共済、起業支援貸付制度や資格支援制度などさまざまな事業や生活の保証をしてくれます。

共済会費は、年齢とコースによって、月々2,500円~12,850円となっています。

PE-BANKに登録

まとめ

エージェントは複数登録しながら案件探しするのが常套手段です。

複数エージェントを使用すると最終的にお断りしないといけない場面も出てきて気まずいと気にされる方もいるかもしれませんが、複数エージェントを使用して進めた方がはるかにメリットが大きいです。

たくさんの案件触れ企業と面談する中で自分のやりたいことや希望が明確になってきます。また自分の単価や市場価値の平均値を出すこともでき、何より企業との面談が入る数も増えるのでスピーディーに案件を獲得することができます。

ご紹介したエージェントは優良ですので登録しておいて損はないので、ぜひご登録ください。